IEEE World Haptics Conference 2019 has closed

IEEE World Haptics Conference 2019 took place last week, and Student Innovation Challenge sponsored by exiii has been successfully finished. Challenges were submitted from all over the world, and you can see the ones accepted to the final review from below. http://www.worldhaptics2019.org/program/sicvr/   The award-winning challenges from Brazil and...

IEEE World Haptics Conference 2019 ありがとうございました!

触覚分野における国際会議 IEEE World Haptics Conference 2019 が閉幕し、当社がデバイスを提供させて頂いたStudent Innovation Challageも成功裏に終えることができました。   世界中の応募の中から最終審査に進んだChallengesは以下から確認できます。 http://www.worldhaptics2019.org/program/sicvr/ 受賞したブラジルチーム、イタリアチームの作品は技術力・オリジナリティ共に素晴らしく、触覚による情報提示の新しい可能性を示すものでした。 開発に取り組んでいただいた参加チームの皆様、運営を行って頂いた皆様本当にありがとうございました!     ...

EXOS Wrist DK2が「Innovative Technologies 2019」に採択されました!

EXOS Wrist DK2が「Innovative Technologies 2019」に採択されました! 2012年から始まった「Innovative Technologies」は、経済産業省で取りまとめた「技術戦略マップ」に示されている成長シナリオに基づき、その実現に大きな貢献が期待できる新技術を広く公募により選出し、「Digital Content EXPO」において国内外に発信するプロジェクトです。 選定された技術は11月に開催される「DIGITAL CONTENT EXPO 」において表彰、展示、一般公開されます。 https://www.moguravr.com/innovative-technologies-2019-vr/  ...

新メンバー加入 – 堀江 新

新メンバー堀江 新がHaptics Researcher InternとしてTeam exiiiに加入! 東京大学博士課程1年。稲見檜山研究室所属。福島県出身。学部時代に触れた触覚の技術に興味を持ち、東北大学田所・昆陽研究室にて触覚提示デバイスの研究を行い修士課程を卒業。現在も新規プロジェクトで触覚の研究に従事。 趣味はカメラ、キャンプなど。 Welcome on board!...

新メンバー加入 – 李 凌宇

新メンバー李 凌宇 (Luke Lee/Lingyu Li) がSoftware Engineer InternとしてTeam exiiiに加入! 米Rutgers University在学。これまでにも複数のVRプロジェクトの開発に関わり、AIとCGにフォーカスしたXRの研究を志望。 exiiiでは主にUnityを使ったデモの開発に参画。 Welcome on board!...

EXOS Demo Sample Manual

      Last updated on Jun 5, 2019       対応バージョン Managed Unity DLL / Unity 2018 or Later / .Net Framework 4.7.1     デバイスの設定 DK2セットアップマニュアルをお読みください。     インストール方法 1. 新規プロジェクトを作成する 2. 以下を Asset Storeからインストールする。  SteamVR Plugin (Tested up to version 2.0.1) 1911 Pistol Pack   ※2018.3以前のUnityバージョンにて下記ダイアログが出現する場合があります。      2018.3以前ではOpenVRの手動インストールは不要ですので、下記のSettingからチェックを外してください    3.Player Settingsから、.NET 4.X on Runtime ver selectionを選択する。 4. (Unity 2018.3 以降の場合) Window->Package ManagerからOpenVRをインストールする。 5. EXOS_Demo_Sample_vXXXをインストールする。 6. SteamVR_Input (with default)を生成する。   下記の実行によりSteamVR_InputフォルダがAssets直下に生成されます。         シーンについて サンプルは下記のシーンで構成されています。 HandSelect 利用するデバイスを選択するシーン Tutorial_Wrist Demoの導入を行うシーン Sample_Wrist_ToolsMethod ToolsMethodによる体験を行うシーン Sample_Wrist_PenaltyMethod PenaltyMethodによる体験を行うシーン Sample_Gripper Gripperデバイスによる体験を行うシーン   Touch, Vive, Windows Controllerで操作する場合 下記のシーンから起動してください。 ...

EXOS Haptics Library Developer Manual

      Last updated on Jun 5, 2019       本マニュアルについて EXOS Haptics Libraryを用いるとHTC Vive、Windows MR、Oculusなど異なるデバイスに対し一つのプロジェクトでVR開発を行うことができます。   またWristやGripperを接続すれば特に初期化処理を明示的に行わずとも力覚がデバイスに伝達されるようになります。   なお、デバイスを接続していなくともアプリケーションの動作に影響はありません。   本マニュアルでは開発環境によらない 手で触れられる物体の配置方法 物体を使う/掴むなどの処理を加える方法 について説明します。   対応環境 PC環境ではSteamVRがサポートしているHTC Vive、Oculus Rift、Windows MRと複数のヘッドセットに対応しています。   コントローラーは標準のVRハンドコントローラーの他、ManusVR、LeapMotionなどのハンドトラッキングデバイスを利用することもできます。   その他、スタンドアロン環境としてOculus Questでも動作いたします。   各環境におけるSDK・Library・拡張モジュールの利用は下図をご参照下さい。 モジュール同士は競合しないため、例えばVRコントローラーとLeapMotionを併用するような利用も可能です。     物体に触れることができる手を表示する   手の表示に必要なステップは開発環境毎に異なります。以下の表から該当のマニュアルをご確認頂き、必要なモジュールのダウンロードと手の表示を完了させてください。   環境 HMD コントローラー 選択モジュール PC HTC Vive, Window MR, Oculus Rift VRコントローラー EXOS SteamVR Module (マニュアル) PC HTC Vive, Window MR, Oculus Rift Leap Motion EXOS Leap Motion Module (マニュアル) PC HTC Vive ManusVR EXOS ManusVR Module (マニュアル) Standalone Oculus Quest Oculus Quest EXOS Oculus Module (マニュアル)       位置がずれている場合、スペースキーによりStartMarkerへの位置再設定を行えます。 また下記のキー入力により移動などが可能です。       触れることができるオブジェクトを用意する   手で触れやすい位置に物体が来るように適当な台を作成してください。 HandSettingについて 設定可能なHandSettingは下記の種類があります。 EHLHandSteamVR_Tools SteamVR環境にてToolsMethodによる触覚判定を行います。 EHLHandSteamVR_Skeltal_Tools SteamVR環境にてToolsMethodによる触覚判定を行います。 HTC Viveコントローラーの場合、ボタン操作に応じて指が動作します。 EHLHandSteamVR_Gripper  SteamVR環境にてEXOS Gripper...

EXOS Leap Motion Module Manual

        Last updated on Jun 5, 2019       対応バージョン Managed Unity DLL / Unity 2018 or Later / .Net Framework 4.7.1     デバイスの設定 触覚を付随したVR体験の場合 触覚体験の為にはパーツをカスタマイズしたEXOS Wrist DK2が必要となります。 また、Leap MotionをHMDに固定する必要があります。 EXOS Wrist DK2をお持ちでカスタマイズをご希望の場合はこちらからお問い合わせ下さい。 その他のデバイスの設定ついてはEXOS Wrist Setup Manualをお読みください。   触覚を付随せずEXOS Interaction Engineとして利用する場合 EXOS Wrist DK2を接続しなくても、EHLとModuleをEXOS Interaction Engineとして使用することが可能です。 その場合はLeap MotionをHMDに固定してご利用下さい。   インストール方法 1. 以下を Asset Storeからインストールする。   SteamVR Plugin (Tested up to version 2.0.1)   ※2018.3以前のUnityバージョンにて下記ダイアログが出現する場合があります。      2018.3以前ではOpenVRの手動インストールは不要ですので、下記のSettingからチェックを外してください    2. Player Settingsから、.NET 4.X on Runtime...