EXOS SteamVR Module Manual

 

 

 

 

Last updated on Jun 5, 2019

 

 

 

対応バージョン

Managed Unity DLL / Unity 2018 or Later / .Net Framework 4.7.1

 

 

インストール方法

1. 以下を Asset Storeからインストールする。

  SteamVR Plugin (Tested up to version 2.0.1)

  ※2018.3以前のUnityバージョンにて下記ダイアログが出現する場合があります。

  

  2018.3以前ではOpenVRの手動インストールは不要ですので、下記のSettingからチェックを外してください

  

2. Player Settingsから、.NET 4.X on Runtime ver selectionを選択する。

3. EXOS_Unity_SDK_vXXXをインストールする。

4. (Unity 2018.3 以降の場合) Window->Package ManagerからOpenVRをインストールする。

5. EXOS_Haptics_Library_vXXXをインストールする。

6. EXOS_SteamVR_Module_vXXX.unitypackageをインストールする

7. SteamVR_Input (with default)を生成する。

  下記の実行によりSteamVR_InputフォルダがAssets直下に生成されます。

  

  

 

物体に触れることができる手を表示する

新規シーンを作成してMainCameraを削除、適当な平面を配置してください。

 

EXOS_HAPTICS_LIBRARY/Assets/Standard/Prefabs/Static/[HandBuilder]を配置します。

 

設置した[HandBuilder]のSceneHandを設定します。ここでは[EHLHandSteamVR_Tools]を選択してください。

カメラのホームポジションにしたい場所にEXOS_HAPTICS_LIBRARY/Assets/Standard/Prefabs/Static/[StartMarker]を配置してください。

 

この段階で空間に手が表示されます。

また、Wristが正しく接続されていればPCとWristが通信状態となります。

 

補足資料:SteamVRの設定について

SteamVR 2.0.1以降では、Trackerの設定項目が追加されています。EHL Ver0.1.2以降を使用する場合、これらの設定が必要となります。

 

 

Tracker Role の設定

各トラッカーごとにRoleを設定することで、各トラッカーの使用する位置を固定することができます。

全身のトラッキングや、キーボードなどのデバイスのトラッキングが想定されており、あらかじめ設定項目が決められています。

ExosHapticsLibraryでは、Trackerを使用する箇所の設定はデフォルトですべてRightShoulderかLeftShoulderに設定されています。デバイスの左右に合わせて、どちらかを選択してください。

 

 

Action Binding の設定

Unity内での設定により、アプリケーション内で使用するActionを定義することができます。

ユーザーはそれらのActionに対して、SteamVRのメニュー画面からBindingを設定することができ、アプリケーション側を変更することなく、キーの割り当てを変更できるようになっています。

 

Trackerを使用する際には、PositionTrackingの設定がデフォルトでUnuseとなっており、ユーザー設定を変更しないとトラッキングが行われません。

TrackerのBindingの設定画面から、EditActionPose > Pose へと変更する必要があります。

 

詳細につきましては、SteamVR Documentをご確認ください。