EXOS Haptics Library Startup Guide

 

 

 

Last updated on Jun 5, 2019

 

 

 

はじめに

EXOS Haptics Libraryを用いるとHTC Vive、Windows MR、Oculusなど異なるデバイスに対し一つのプロジェクトでVR開発を行うことができます。

 

またWristやGripperを接続すれば特に初期化処理を明示的に行わずとも力覚がデバイスに伝達されるようになります。

 

なお、デバイスを接続していなくともアプリケーションの動作に影響はありません。

 

対応環境

PC環境ではSteamVRがサポートしているHTC Vive、Oculus Rift、Windows MRと複数のヘッドセットに対応しています。

 

コントローラーは標準のVRハンドコントローラーの他、ManusVR、LeapMotionなどのハンドトラッキングデバイスを利用することもできます。

 

その他、スタンドアロン環境としてOculus Questでも動作いたします。

 

各環境におけるSDK・Library・拡張モジュールの利用は下図をご参照下さい。

モジュール同士は競合しないため、例えばVRコントローラーとLeapMotionを併用するような利用も可能です。

 

必要なマニュアルとモジュールの対応表

下記はマニュアルを選択するための表になります。

環境 HMD コントローラー 選択モジュール
PC HTC Vive, Window MR, Oculus Rift VRコントローラー EXOS SteamVR Module (マニュアル
PC HTC Vive, Window MR, Oculus Rift Leap Motion EXOS Leap Motion Module (マニュアル
PC HTC Vive ManusVR EXOS ManusVR Module (マニュアル
Standalone Oculus Quest Oculus Quest EXOS Oculus Module (マニュアル

用途に応じて適切なモジュールとマニュアルを選択してください。