EXOS Leap Motion Module Manual

 

 

 

Last updated on Apr 23, 2019

 

 

 

対応バージョン

Managed Unity DLL / Unity 2018 or Later / .Net Framework 4.7.1

 

 

デバイスの設定

パーツをカスタマイズしたEXOS Wrist DK2が必要となります。

また、Leap MotionをHMDに固定する必要があります。

EXOS Wrist DK2をお持ちでカスタマイズをご希望の場合はこちらからお問い合わせ下さい。

その他のデバイスの設定ついてはEXOS Wrist Setup Manualをお読みください。

 

 

 

インストール方法

1. 以下を Asset Storeからインストールする。

  SteamVR Plugin (Tested up to version 2.0.1)

  ※2018.3以前のUnityバージョンにて下記ダイアログが出現する場合があります。

  

  2018.3以前ではOpenVRの手動インストールは不要ですので、下記のSettingからチェックを外してください

  

2. Player Settingsから、.NET 4.X on Runtime ver selectionを選択する。

3. EXOS_Unity_SDK_vXXXをインストールする。

4. (Unity 2018.3 以降の場合) Window->Package ManagerからOpenVRをインストールする。

5. EXOS_Haptics_Library_vXXXをインストールする。

6. SteamVR_Input (with default)を生成する。

  下記の実行によりSteamVR_InputフォルダがAssets直下に生成されます。

  

  

7.「Leap Motion」のUnitySDK(Unity Core Assets)をインストールする

8. EXOS_LeapMotion_Module_vXXX.unitypackageをインストールする

 

物体に触れることができる手を表示する

新規シーンを作成してMainCameraを削除、適当な平面を配置してください。

 

EXOS_HAPTICS_LIBRARY/Assets/Standard/Prefabs/Static/[HandBuilder]を配置します。

 

設置した[HandBuilder]のSceneHandを設定します。ここでは[EHLHandLeapMotion]を選択してください。

 

カメラのホームポジションにしたい場所にEXOS_HAPTICS_LIBRARY/Assets/Standard/Prefabs/Static/[StartMarker]を配置してください。

 

この段階で

  • Leap MotionとPCが正しく接続されている
  • Leap Motionが手を正しく認識している

状態であれば空間に手が表示されます。

また、Wristが正しく接続されていればPCとWristが通信状態となります。