EXOS Demo Sample Manual

 

 

 

Last updated on Apr 23, 2019

 

 

 

対応バージョン

Managed Unity DLL / Unity 2018 or Later / .Net Framework 4.7.1

 

 

デバイスの設定

DK2セットアップマニュアルをお読みください。

 

 

インストール方法

1. 新規プロジェクトを作成する

2. 以下を Asset Storeからインストールする。

  •  SteamVR Plugin (Tested up to version 2.0.1)
  • 1911 Pistol Pack

  ※2018.3以前のUnityバージョンにて下記ダイアログが出現する場合があります。

  

  2018.3以前ではOpenVRの手動インストールは不要ですので、下記のSettingからチェックを外してください

  

3.Player Settingsから、.NET 4.X on Runtime ver selectionを選択する。

4. (Unity 2018.3 以降の場合) Window->Package ManagerからOpenVRをインストールする。

5. EXOS_Demo_Sample_vXXXをインストールする。

6. SteamVR_Input (with default)を生成する。

  下記の実行によりSteamVR_InputフォルダがAssets直下に生成されます。

  

  

 

シーンについて

サンプルは下記のシーンで構成されています。

HandSelect 利用するデバイスを選択するシーン
Tutorial_Wrist Demoの導入を行うシーン
Sample_Wrist_ToolsMethod ToolsMethodによる体験を行うシーン
Sample_Wrist_PenaltyMethod PenaltyMethodによる体験を行うシーン
Sample_Gripper Gripperデバイスによる体験を行うシーン

 

Touch, Vive, Windows Controllerで操作する場合

下記のシーンから起動してください。

  • HandSelect(上部ボタンを選択してTutorial_Wristシーンへ)
  • Sample_Wrist_ToolsMethod
  • Sample_Wrist_PenaltyMethod

EXOS WristをPCに接続していれば、Demoアプリケーション実行時と同様、力覚のフィードバックを得ることができます。

 

ManusVRで操作する場合

1.「Manus VR」のUnitySDKをインストールする

2.EXOS_ManusVR_Module_vXXX.unitypackageをインストールする

※すでにHandSelectシーンを開いている場合はシーンを開きなおしてください

 

下記のシーンのどちらかで起動してください

  • HandSelect(ManusVRボタンを選択してSample_Wrist_ToolsMethodシーンへ)
  • Sample_Wrist_ToolsMethod
    • 直接シーンから起動する場合はHandBuilderのSceneHandを「EHLHandManusHand」に設定してください。

 

LeapMotionで操作する場合

1.「Leap Motion」のUnitySDK(Unity Core Assets)をインストールする

2.EXOS_LeapMotion_Module_vXXX.unitypackageをインストールする

 

下記のシーンのどちらかで起動してください

  • HandSelect(LeapMotionボタンを選択してSample_Wrist_ToolsMethodシーンへ)
  • Sample_Wrist_ToolsMethod
    • 直接シーンから起動する場合はHandBuilderのSceneHandを「EHLHandLeapMotion」に設定してください。