Release Note : EXOS SDK 0.7.0

(English)

 

EXOS SDK v0.7.0 has been released.

 

Note

  • Sample scenes now work with SteamVR v2.0.1
  • In order to make EXOS SDK work with SteamVR v2.0, there are a number of changes.
    • Please delete the old version of EXOS SDK before installing EXOS SDK v0.7.0.
    • While you need to generate Action Sets on SteamVR_Input to use SteamVR v2.0, please do so after installing EXOS SDK.
    • If you change Action Sets from default, sample scenes buttons may stop working.
  • ViveInputUtility is now integrated to EXOS SDK. You don’t need to install separately.
    • Since ViveInputUtility does not officially support SteamVR v2.0, if you use ViveInputUtiliy scripts, it may not work properly.
    • It should not affect any sample scene behaviors.

 

  • When you don’t use VR environments, you no longer need to install SteamVR to make SDK work.
    • After installing EXOS SDK, please delete the SDK_SteamVR folder under EXOS_UNITY_SDK. (※Edited on Dec 10, 2018)
      1. Select .NET 4.X on Runtime ver selection in Player Settings.
      2. Import EXOS_Unity_SDK_vXXX UnityPackage.
      3. Delete SDK_SteamVR folder under EXOS_UNITY_SDK.
    • If you use Sample, please delete SDK_SteamVR folder after Sample Installed.

 

You need Unity 2018 or later and .Net 4.X for this SDK.

You can download from here.

 


 

(Japanese)

 

EXOS SDK v0.7.0 がリリースされました。

 

Note

  • VR用のサンプルシーンが、SteamVR v2.0.1に対応いたしました。
  • SteamVR v2.0対応のため多くの変更点があります。
    • 古いverのEXOS SDKを一度削除したうえで、SDKのインストールをお願いいたします。
    • SteamVR v2.0を使用する場合、SteamVR_InputからAction SetのGenerateという作業が必要となりますが、必ずEXOS SDKをインストールした後に行ってください。
    • SteamVR_InputのAction Setをデフォルトから変更すると、サンプルシーンのボタンが効かない場合があります。
  • ViveInputUtilityがSDKに取り込まれ、別途のインストールが不要となりました。
    • ViveInputUtilityが正式にSteamVR v2.0に対応していないため、ViveInputUtilityのスクリプトを使用していた場合、一部正常に動作しないものがあります。
    • サンプルシーンの動作に影響はありません。

 

  • VR環境を使用しない場合、SteamVRをインストールしなくても、SDKが動作するようになりました。
    • EXOS SDKをインストール後、EXOS_UNITY_SDK以下にあるSDK_SteamVRフォルダを削除してください。(※2018/12/10修正)
      1. Player Settings > Runtime ver selection にて、 .NET 4.X を選択してください。
      2. EXOS_Unity_SDK_vXXX UnityPackageをインポートしてください。
      3. EXOS_UNITY_SDK以下にあるSDK_SteamVRを削除してください。
    • SDK_Sampleを使用する場合は、必要AssetsおよびSampleをインストール後に削除を行ってください。

 

SDKの動作には、Unity 2018以降 および .Net 4.X を使用する設定が必要となります。

ダウンロードはこちら