IEEE WHCがSICのテーマにEXOSを採用

exiiiは、手首装着型のVR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」がIEEE World Haptics Conference (以下WHC)2019 Studnent Innovation Challenge(以下SIC)のテーマ技術として採用されたことを発表致しました。

 

WHCは触覚分野における研究成果を対象とした国際的な学会であり、毎年特定のテーマを定め全世界の学生を対象としてSICを開催しています。2019年はテーマを「VR空間における触覚の導入」とし、そのベースとなる技術としてEXOS Wrist DK2とHTC VIVE Proの採用が発表されました。

 

参加希望の学生は2-4人でチームを構成し、テーマに沿った2ページの研究計画をウェブ上で応募(詳細は近日公開予定)します。審査委員会の審査を経てWHCに参加するチームが選抜されます。選抜チームには開発キットとしてEXOS Wrist DK2とHTC VIVE Proが提供され、約4ヶ月間の研究・開発期間を経て、2019年7月9-12日に開催されるWHC 2019に招待されます。

 

スケジュールは以下を予定しております。

1/25: Student Innovation Challenge 研究計画提出締切

2/8: 選抜チーム発表

2月末: 開発キット発送

4月末: 中間発表(ウェブカンファレンス)

7/9-12: World Haptics Conference 2019

 

exiiiは、SICを通して世界中の触覚分野に関わる学生と共にEXOSの新たな可能性を切り開けることを大変嬉しく思います。また今回の取り組みが少しでも「VR × 触覚」という次世代の体験の普及に繋がるよう、exiiiチーム一同全力でサポートいたします。

 

WHC 2019 SICの詳細は以下のページからご確認下さい。