EXOS for Hackers

Japanese

 

手首装着型のVR/AR用触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」の無償レンタルプログラム「EXOS for Hackers」を開始致しました。

 

2018年10月より販売を開始したEXOS Wrist DK2は、その価格帯から一定以上の規模の企業が主な販売先となっていました。そこで予算が限られた個人開発者やスタートアップを対象とし、ユースケースの拡大やデベロッパーコミュニティの形成を目的に本プログラムの提供を開始致しました。

 

対象:個人もしくはスタートアップのVR/ARコンテンツデベロッパー

地域:日本もしくは米国での使用を前提

期間:原則1ヶ月とし、希望の場合はexiiiと相談の上で最大6ヶ月まで延長

 

成果物の権利は全て開発者に帰属します。ただしEXOSの活用事例として、同意の上で動画やデモ等の公開をお願いをすることがございます。

 

EXOS for Hackersという名前には、exiiiの重要なカルチャーとなっている「スピード」と「オープン」というスタンスを大切に、開発者コミュニティと共にプロダクトを育てていきたい、という想いが込められております。本プログラムを通して、熱量の高いアーリーデベロッパーと共に、たくさんの触覚VR/ARコンテンツを世に広められたらと考えております。

 

 

—–

English

 

exiii launches “EXOS for Hackers,” a free rental program for the wearable haptic devices called EXOS Wrist DK2.

 

Released in October 2018, EXOS Wrist DK2’s main users have been large enterprises with sizable budgets. In order to explore further use cases and establish a more vibrant developer community, this program targets independent or developers at startups that have limited budgets.

 

Target: Independent or startup VR/AR developers

Location: Japan and the US

Duration: As a general rule, 1 month. If requested, it can be extended to up to 6 months upon discussions with exiii.

 

Ownership and rights associated with the content created through this program belong to the developers. However, exiii may ask permission to show the developed content via a movie or demo promotion in order to promote EXOS.

 

The program is named EXOS for Hackers reflecting exiii’s will to nurture its product together with the developer community. Also, the naming reflects the values of “speed” and “openness,” which are the core values of the team. Through this program, exiii hopes to showcase a plethora of haptic VR/AR contents to the world with passionate early developers.