「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発

exiii株式会社(社長: 山浦博志 以下「exiii」)は、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を活用した「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発致しました。2017年より新車開発にVRを本格導入している日産自動車(株)グローバルデザイン本部はカーデザインプロセスの早い段階での、よりリアルなデザイン検証について本システムの活用を検討しています。

 

既存のVRにEXOSを組み合わせることにより、視覚と触覚を組み合わせた直感的なレビューが可能となり、「ハンドルやバックミラーの位置はどのくらいにあるのだろうか」「運転席からボタンは押しやすいのだろうか」といったインテリアデザインのVR確認において、モックアップに匹敵するレベルの検証ができるようになります。

 

exiiiは本技術により、3Dシミュレーションによる早期の課題発見や、完成イメージとのギャップの最小化、デザインプロセスの短縮などのメリットの提供を目指しています。

 

 

 

また本発表と同時に、2018年2月28日より、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS Wrist DK1」「EXOS Gripper DK1」を活用し、新たなXRコンテンツ開発を推進するパートナーデベロッパー様を世界中から募集致します。

 
 

 
 

「EXOS Wrist DK1」について

(1)概要

掌背屈(前後方向)と橈尺屈(左右方向)の二方向へ力の提示をすることで、VR内のオブジェクトに「触れる」感覚をリアルに再現するデバイスです。またアタッチメントの交換によりVive ControllerやOculus Touchとの同時使用も可能となり、既に制作済みのコンテンツの拡張にも対応可能となります。さらにオブジェクトに追加する触覚と別に、イベントをトリガーとした触覚の追加も可能なため「銃を撃つ」「ボタンを押す」といったゲームコンテンツとの相性の良いフィードバックも提示可能です。Unity用SDKを同梱し、スムーズに開発環境を提供することができます。

 

(2)仕様

  • モーター数: 2
  • モータートルク: 5kg・cm
  • 通信: USBシリアルの有線接続、または Wi-Fi での無線接続
  • 電源: バッテリー
  • バッテリー: 11.1V / 980mAh
  • 連続駆動時間: 1.5h

 

 

「EXOS Gripper DK1」について

(1)概要

指の開閉方向への力の提示をすることで、VR内のオブジェクトに「掴む」感覚をリアルに再現します。軽量且つシンプルなデザインで装着を簡略化した、カジュアルな用途に最適なデバイスです。Unity用SDKを同梱し、スムーズに開発環境を提供することができます。

 

(2)仕様

  • モーター数: 1
  • モータートルク: 5kg・cm
  • 通信: USBシリアルの有線接続、または Wi-Fi での無線接続
  • 電源: バッテリー
  • バッテリー: 11.1V / 980mAh
  • 連続駆動時間: 2.5h

 

 

exiii株式会社のCEOであり共同創業者である⼭浦博志は「この度発表した2つの触覚ソリューションは製造・シミュレーション・エンターテインメント等のあらゆる分野での活用が考えられ、アイデア次第で可能性は無限大です。EXOSを使い一歩先のXR体験を創造するデベロッパー様を世界中から募集致します」と述べています。

 

 

「EXOS Wrist DK1」または「EXOS Gripper DK1」の購入はexiii.jpから受け付けております。最新のデモを行うことも可能ですのでご興味のある方はお気軽にご連絡下さい。