Wrist Development Kit 1

掌背屈(前後方向)と橈尺屈(左右方向)の二方向へ力の提示をすることで、VR内のオブジェクトに「触れる」感覚をリアルに再現するデバイスです。またアタッチメントの交換によりVive ControllerやOculus Touchとの同時使用も可能となり、既に制作済みのコンテンツの拡張にも対応可能となります。さらにオブジェクトに追加する触覚と別に、イベントをトリガーとした触覚の追加も可能なため「銃を撃つ」「ボタンを押す」といったゲームコンテンツとの相性の良いフィードバックも提示可能です。Unity用SDKを同梱し、スムーズに開発環境を提供することができます。

モーター数

2

モータートルク

5kg * cm

通信

USB有線接続、または Wi-Fi 無線接続

電源

バッテリー

バッテリー

11.1V / 980mAh

連続駆動時間

2.5h

Gripper Development Kit 1

指の開閉方向への力の提示をすることで、VR内のオブジェクトに「掴む」感覚をリアルに再現します。軽量且つシンプルなデザインで装着を簡略化した、カジュアルな用途に最適なデバイスです。Unity用SDKを同梱し、スムーズに開発環境を提供することができます。

モーター数

1

モータートルク

5kg * cm

通信

USB有線接続、または Wi-Fi 無線接続

電源

バッテリー

バッテリー

11.1V / 980mAh

連続駆動時間

2.5h

活用事例

「CADデータに触れる」カーデザインプロセスの事例です。

 

従来デザイナーがつくった3Dデータはクレイモデル等の形で出力をするまで「ハンドルの高さは適切か」「ボタンは押しやすいのか」といった検証を進めることができませんでした。しかし数千万円の製作コストと数日間製作期間を要するクレイモデルのプロトタイプは、デザインの初期段階で活用をすることは困難な手法でした。

 

そこでVRとEXOS Wristを活用することで、作成したCADデータを瞬時に触れるデータに変換、問題があれば修正し、即座に反映して再検証、という素早いプロセスを回すことが可能となりました。

あなたも「触覚」を利用した一つ上の没入体験を創りませんか?ご購入のお申し込みはこちらからお待ちしております。

 

※ EXOS DK1はビジネス向けの開発者キットとなります。個人の方やVR開発経験のない方への販売は原則行なっておりませんのでご了承ください。